翻訳blah blah blah

翻訳関連の雑記帳。専門は英⇔日(法律、IT)。

5文型の問題点

5文型の問題点
 5文型は日本語と異なる英語の基本構造を学ぶ上で有用とされていますが、以下のような問題を抱えています。第1に、He lives in TokyoといったSVA型(=主語+動詞+副詞句)がカバーされていないことを始め、英語の用法の全てを網羅しているわけではありません。第2に、5文型は平叙文しか取り上げません。しかし英語の世界での平叙文のシェアは6割程度でしかないため、疑問文といった大事なコミュニケーション手段に手がまわりません。一方、SVCのシェアが6割、SVOのシェアが3割であることを考えると、シェアが1%台であるSVOOやSVOCも同じようなウエイトで覚えさせるのはいたずらに学習者の負担を増やしているようなものです。第3に初学者に英語の作りを覚えてもらうのに有用だとも説かれますが、実証研究で、この点も疑問視されています。結局、文法学習モデルとして不備がある上、英語の作りを教えるだけで、その作りをどう使うのかという次のステップが示されていない点、5文型中心の勉強法には限界があります。

(即戦力,日向 p24)

 

5文型の問題点

①英語の用法の全てを網羅しているわけではない。
②出現頻度を考慮すると構成がアンバランス。
③初学者に英語の作りを覚えてもらうのに有用という説は実証研究で疑問視されている。